TOPへ

女性に優しい内視鏡検査

女性医師が内視鏡検査を行っております

女性ポートレート当院は女性でも安心して内視鏡検査を受けていただけるように、女性の内視鏡専門医が毎日検査と外来診察を担当しています。スタッフも全員女性です。特に大腸カメラ検査では肛門からスコープを挿入しますので、「恥ずかしい」という気持ちから、検査に強い抵抗感をお持ちの方も多くいらっしゃいます。検査中に体が力んでしまうと、患者様のご負担も大きくなってしまいますので、プライバシーに配慮し、リラックスして検査を受けていただけるような環境を整えております。

このような方におすすめです

  • 男性医師の検査は緊張する
  • 男性医師の検査は恥ずかしい・ストレスを感じてしまう
  • できれば女性医師に相談したい

当院の院長は経験豊富な女性の内視鏡専門医ですので、上記のような方も安心してご相談いただけます。

眠ったまま苦痛なく胃カメラ・大腸カメラ検査を受けていただけます

当院では鎮静剤を使用することで、ウトウトと眠っているような感覚でリラックスして驚くほど楽に胃カメラ・大腸カメラ検査を受けて頂くことができます。全身の力が抜けるので、検査中のストレスを軽減でき、スムーズに安全な検査を行うことが可能です。
鎮静剤を使用した検査で、患者様の苦痛を軽減し、早期発見・早期治療につなげることができますので、内視鏡検査をご希望の方、検査に不安がある方は安心してご相談ください。

安心して検査を受けていただける環境づくり

経験豊富な女性の内視鏡専門医が検査を行います

当院では女性の内視鏡専門医が毎日検査を担当しています。内視鏡による検査や治療・手術の研鑽を積んだ専門医が、高度な技術を生かすことができる最新の内視鏡システムを導入しています。そのため、従来よりも高精度な検査を短時間で行うことが可能です。

「恥ずかしい」というお気持ちに配慮しています

当院は女性医師と女性スタッフが検査を担当しています。大腸カメラ検査の際は、肛門部分のみスリットが入った検査用ズボンに着替えて頂きます。検査は検査用ズボンを着用したまま行いますので、ズボンを脱いで頂くことはありません。また、腰から足元にはタオルをお掛けします。カメラは肛門から入りますので、麻酔のゼリーを付ける時とカメラを挿入する時の数秒間だけは、検査用ズボンのスリットの間から肛門部分を拝見しますが、検査はモニターを見ながら進めてまいります。また、検査中はモニターを見やすくするため検査室の照明は暗くなります。
大腸カメラ検査に対して恥ずかしいイメージをお持ちになるのは当然のことです。しかし、院長の大和が検査を担当した患者様で、検査後に「恥ずかしい検査だった」とおっしゃった方はいらっしゃいません。プライバシーに配慮し、リラックスして検査を受けていただけるような環境を整えております。どうぞ安心してご来院ください。

院内で下剤の服用が可能です

当院では、検査当日の下剤をご自宅で服用するか、院内の下剤内服スペースで服用するか、お選び頂くことができます。院内で下剤を内服することで、初めて飲む下剤に不安を抱えている方や自宅からクリニックに移動するまでの時間が不安な方も安心して検査の準備をしていただけます。

後楽園駅直結で通院しやすい立地

後楽園駅当院は後楽園駅・春日駅直結、文京シビックセンター目の前の、通院に大変便利な立地です。駅へのアクセスが良いので、鎮静剤を使用した場合でも公共交通機関で安心してご帰宅いただけます。

女性のがん死亡数第1位は大腸がんです

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターの統計では、女性のがんによる死亡数の第1位は大腸がんです。しかし、大腸がんは早期発見・早期治療により、根治が期待できる疾患です。定期的に検査を受けて微細な病変も見逃さないようにすることが大切です。

2019年のがんによる
死亡者数の順位
1位 2位 3位
女性 大腸 すい臓
男性 大腸
男女計  肺 大腸

引用元:国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター人口動態統計によるがん死亡データ

女性は特に大腸がんの発見が遅れがちです

女性が大腸がんの早期発見が遅れる要因は以下の通りです。

  • 大腸がん検診の受診率が低い
  • 精密検査(大腸カメラ検査)を受けない方が多い

特に女性は、大腸カメラ検査への抵抗感・恥ずかしさから、健診で便潜血陽性を指摘されても大腸カメラ検査を受けない方が多く、受診率が低くなっていると考えられます。

後楽園胃腸内視鏡クリニックへご相談ください

当院は女性でも安心して内視鏡検査を受けていただけるように、女性の内視鏡専門医と女性スタッフが検査を担当しています。従来よりも精度の高い検査が可能な最新の内視鏡システムを導入し、微細な大腸がんの早期発見も可能です。大腸カメラ検査中に発見された大腸ポリープは、その場で切除することで、将来の大腸がん発症を予防します。患者様一人一人のご不安な気持ちや、「恥ずかしい」という気持ちに配慮しながら、安全を第一に考えた負担の少ない大腸カメラ検査を行っています。
当院は、「家族や大切な人にすすめたい」と思って頂けるクリニックを目指しています。
当院の院長は経験豊富な内視鏡専門医です。男性女性を問わず、すべてのジェンダーの患者様に対応いたします。どうぞ安心してご来院ください。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。