TOPへ

げっぷ・おなら

げっぷとおならについて

げっぷイメージ

げっぷやおならは生理現象であり、健康な方にも日常的に起こります。他人より多いように感じても、ほとんどの場合は特に問題ありません。ただし、おならが全く出ない場合は、腸閉塞など深刻な疾患が疑われるケースもあります。また、おならやげっぷに腹痛などの症状も伴う場合は何らかの疾患が隠れている可能性があります。疾患が原因の場合には適切な治療を行うことで症状は緩和します。生活習慣が原因になっている場合には、生活改善によって解消へ導くことができます。げっぷやおならの症状でお困りでも、恥ずかしさなどから受診をためらう方が多くいらっしゃいます。げっぷやおならは消化器内科の診察対象の症状です。当院では、消化器専門医の女性院長が丁寧な診療を行っております。どうぞ遠慮なく何でもご相談ください。

げっぷを起こす疾患

食道裂孔ヘルニア

食道と胃は、胸部と腹部を分ける横隔膜によって隔てられていて、食道は横隔膜にある狭い食道裂孔という穴を通って腹部にある胃につながっています。この食道裂孔から、胃の上部が胸部へとはみ出してしまっている状態が食道裂孔ヘルニアです。特に問題がないケースもありますが、食道裂孔ヘルニアがあると胃から食道への逆流を起こしやすく、逆流性食道炎を発症するリスクがあります。

逆流性食道炎

胃液や胃の内容物が食道に逆流して食道粘膜を傷付け、炎症を起こしている状態です。胸焼けや胃もたれ、呑酸、咳、膨満感などの症状を起こし、げっぷが増えることもあります。

逆流性食道炎はこちら

機能性ディスペプシア

炎症などの病変はありませんが、胃もたれ、吐き気、膨満感、少量しか食べられない早期満腹感などの症状を起こします。胃の膨満感に伴ってげっぷが増えることもあります。機能性ディスペプシアは、これまで原因不明とされて有効な治療を受けられないケースがありました。当院の消化器内科では症状の改善につながる消化管の機能や知覚過敏を改善する治療を行っていますので、ぜひ当院でご相談ください。

機能性ディスペプシアはこちら

呑気症

飲食の際に大量の空気を飲み込んでしまい、それが胃などに溜まって膨満感やげっぷの増加などの症状を起こしています。早食いやストレスなどによって生じるとされており、よく噛んでゆっくり食事することで症状の緩和につながります。

おならの症状を起こす疾患

機能性便秘

腸の機能不全によって内容物を先に送る蠕動運動が低下すると、腸管に便が長くとどまって、便秘の状態となります。便秘によって腹部膨満感を生じ、おならも増えてしまいます。

便秘はこちら

過敏性腸症候群

頻回の下痢や、便秘と下痢を繰り返す症状が有名ですが、膨満感やおならが漏れてしまうなどガスに関係した症状を起こすタイプもあります。腸の機能不全や知覚過敏などによって生じていると考えられており、緊張や不安などのストレスが症状のきっかけになることがあります。

過敏性腸症候群はこちら

呑気症

飲食の際に大量の空気を飲み込んでしまい、それが腸にたまると膨満感やおならの増加などの症状を起こします。早食いやストレスなどによって生じるとされており、よく噛んでゆっくり食事することで飲み込む空気の量を減らすと症状の緩和が期待できます。

おならが出なくなる疾患

腸閉塞(イレウス)

腸管の癒着や狭窄、蠕動運動の低下などによって便が消化管の中で停滞し、腹痛、吐き気・嘔吐、膨満感などを起こします。便やおならが全く出なくなって気付く場合もあります。腸閉塞は放置してしまうと命に関わる場合もあります。お腹が張っているのにおならが出ない場合には、速やかに医療機関を受診して下さい。

大腸がん・大腸ポリープ

大腸がんや大腸ポリープなどが大きくなると、便の通過を妨げておならが出なくなることがあります。この場合も速やかに適切な治療や処置を受ける必要があります。速やかに医療機関を受診して下さい。

げっぷやおならの症状で受診した場合に行われる検査

症状の内容、病歴や投薬歴などを伺った上で診察を行い、お一人お一人の状態に合わせて必要な検査をしています。
げっぷがある場合は食道・胃・十二指腸といった上部消化管の疾患が疑われますので、胃カメラ検査を行って粘膜の状態を詳細に調べます。おならの症状がある場合には、大腸の疾患が疑われますので、大腸カメラ検査を行って粘膜の状態を詳細に調べます。いずれも病変があったら組織を採取して病理検査を行い、確定診断します。
当院は、従来よりも精度の高い検査が可能な最新の内視鏡システムを導入し、内視鏡検査・治療の経験豊富な専門医の女性院長が丁寧な検査を行っています。内視鏡挿入時の不快感を大幅に抑えられる経鼻胃カメラ検査、鎮静剤を使用して眠ったような状態での検査も可能で、患者様の心身への負担を最小限に抑える工夫をしております。内視鏡検査でつらいご経験をされたことがある方、ご不安のある方も、どうぞ当院でご相談下さい。

げっぷやおならでお悩みの方は後楽園胃腸内視鏡クリニックまでご相談ください

げっぷやおならは、消化器疾患の症状として現れることがあります。症状をきっかけとして病気の早期発見につながり、負担の少ない治療で治すことができるケースもあります。げっぷやおならの症状でお困りでも、恥ずかしさなどから受診されない方が多くいらっしゃいます。当院では消化器専門医の女性院長が、患者様一人一人のお気持ちに寄り添う丁寧な診療を行っております。症状の緩和や解消に向けた生活習慣の改善などについても親身にサポートしています。今まで受診をためらっていた方も、どうぞ当院でお気軽にご相談ください。