TOPへ

大腸カメラ検査

大腸カメラ検査について

大腸イメージ

大腸カメラ検査は先端にカメラがついたスコープを肛門から挿入して大腸全体の粘膜を直接観察する検査です。当院では最新の内視鏡機器を導入しており、初期の微細な大腸がんや、将来大腸がんになる可能性のある大腸ポリープの発見・治療も可能です。大腸がんは早期発見できれば身体への負担が少ない治療によって完治が見込める疾患です。しかし、初期には自覚症状が現れないケースが多く、早期発見のためには大腸カメラ検査を受けることが何よりも重要です。大腸ポリープにも様々な種類がありますが、将来がん化するリスクを持った大腸ポリープは、切除することで大腸がんになることを防ぐことができます。当院では大腸ポリープを発見した場合、その場で日帰り手術で切除することができます。また、大腸の疾患には大腸がん以外にも潰瘍性大腸炎やクローン病などの様々な疾患があり、いずれも大腸カメラ検査で発見が可能です。
当院では、鎮静剤を使用してほどんど眠った状態で、驚くほど楽に、痛みの少ない高精度の大腸カメラ検査を受けることができます。大腸カメラ検査はとてもつらい、苦しい検査だと思っていらっしゃいませんか?大腸カメラは、その方法や技術によって、つらさや検査の精度が大きく違います。一口に「つらい」と言っても、「下腹部が痛かった」「お腹が張って苦しかった」「検査後に具合が悪くなった」など、つらさの内容は患者様一人一人違うものです。当院では、患者様がこれまでの検査でどのようにつらい思いをされたかを丁寧にお伺いし、それぞれにあった方法をオーダーメイドでご提案、選択して頂けます。他院でつらい思いをされた経験のある方も、どうぞ当院でご相談ください

女性医師による大腸カメラ検査対応

当院は女性でも安心して内視鏡検査を受けていただけるように、女性の内視鏡専門医が毎日検査を担当しています。特に大腸カメラ検査では肛門からスコープを挿入しますので、「恥ずかしい」という気持ちから、検査に強い抵抗感をお持ちの方も多くいらっしゃいます。検査中に体が力んでしまうと、患者様のご負担も大きくなってしまいますので、プライバシーに配慮し、リラックスして検査を受けていただけるような環境を整えております。
また、当院は「家族や大切な人にすすめたい」と思って頂けるクリニックを目指しています。当院の院長は経験豊富な内視鏡専門医ですので、男性女性を問わず、すべてのジェンダーの方に対応いたします。どうぞ安心してご来院ください。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

女性に優しい内視鏡検査

当院の大腸カメラ検査の特徴

特徴1 内視鏡専門医による安心の大腸カメラ検査

当院の大腸カメラ検査は全て経験豊富な消化器内視鏡専門医が担当しております。内視鏡による検査や治療・手術の研鑽を積んだ専門医が、高度な技術を生かすことができる最新の内視鏡システムを使用することで高精度な検査を短時間に行うことが可能です。検査中に大腸ポリープを発見した場合には、サイズや形状などに適した手法でその場で切除を行います。また、細部に配慮した丁寧な操作を行うことで、大腸カメラ検査時の苦痛や不快感を大幅に軽減する工夫をしています。

特徴2 鎮静剤を使用して眠ったままできる大腸カメラ検査

当院では、鎮静剤を使用することで、ウトウトと眠っているような感覚でリラックスして驚くほど楽に検査を受けて頂くことができます。全身の力が抜けるので、検査中のストレスを軽減でき、スムーズに安全な検査を行うことが可能です。

特徴3大腸ポリープの日帰り切除手術対応

ポリープ大腸がんのほとんどは、大腸ポリープが成長し、がん化することで発生します。つまり、大腸ポリープを切除すれば、大腸がんの発症を予防することができます。当院では大腸カメラ検査中に発見した大腸ポリープはその場で切除する日帰り手術に対応しており、ポリープのサイズや形状に適した方法で切除を行っております。
※ポリープの数や大きさによっては、入院加療が必要な場合がございます。その場合には、連携する高度医療機関をご紹介し、スムーズに治療を受けていただけるようにしております。
※ポリープ切除を行った場合、治療後1週間は出血予防のため、飲酒・激しい運動・旅行等はできません。

特徴4 最新の内視鏡システムを導入

当院は、2024年6月発売の富士フィルム社製の最新内視鏡システム『ELUXEO 8000』を文京区内最速で導入しました。従来よりも消化管の奥まで明るく、ハレーションやノイズを抑えた高画質画像を描出することができる富士フィルム社の最上位システムです。今回の最新システムでは従来の機種には搭載されていなかった新たな観察モードも使用可能で、がんの早期発見が可能です。経験豊富な専門医のスキルを十分に生かすことができ、短時間でハイクオリティな検査を受けて頂くことができます。

特徴5 検査後は眠ったままリカバリールームまで移動

鎮静剤を使用した大腸カメラ検査を受けた場合、検査後に鎮静剤から覚めるまで少しお休みいただく必要がございます。
当院では、検査終了後に眠ったままの状態でリカバリールームまで移動しますので、患者様が無理に動く必要がなく、リラックスしてお休みいただけます。

特徴6 院内で下剤内服可能

大腸カメラ検査では腸内に便が残っていると細かい病変を見落としてしまうことがあります。そのため、検査前に下剤を服用していただき、腸の中を空っぽな状態にしてから検査を行います。当院では、検査当日の下剤をご自宅で服用するか、院内の下剤内服スペースで服用するか、お選び頂くことができます。院内で下剤を内服することで、初めて飲む下剤に不安を抱えている方や自宅からクリニックに移動するまでの時間が不安な方も安心して検査の準備をしていただけます。

特徴7 従来よりも少ない量の下剤でできる前処置

大腸カメラ検査を受けるにあたって、大腸の中をきれいにするために下剤を内服して頂く必要があります。従来は、スポーツドリンクのような下剤を約2リットル飲んで頂いており、苦痛を感じる方が多くいらっしゃいました。当院では、わずかコップ2杯の下剤とお好きな水・お茶でできる苦痛の少ない前処置をご提案しています。前処置でつらい経験をされたことのある方も当院でご相談ください。

特徴8 二酸化炭素送気

大腸カメラ検査では腸内にガスを入れて大腸のシワやヒダを伸ばし、観察しやすくします。当院では、検査が終わったときのお腹の張りを軽減するため、吸収が速やかに行われる炭酸ガスで送気しています。空気よりも早く吸収されるので、お腹が張った不快感を早期に解消できます。

特徴9 胃と大腸の同日検査可能

当院では胃と大腸の検査を同じ日に受けて頂くことができます。検査を同日に行うことで、食事制限も1回で済ませることができます。スケジュール調整がしやすいので、お仕事や家事・育児でお忙しい方にもおすすめです。同日検査の実施の可否については医師の判断が必要となりますので、外来診察時にご相談ください。

胃カメラ検査はこちら

特徴10 土曜日の大腸カメラ検査可能 

大腸カメラ検査では様々な疾患を早期に発見し、適切な診断を行うことができます。当院では、土曜日も大腸カメラ検査を実施しておりますので、家事やお仕事でお忙しく、平日のご来院が難しい方にも大腸カメラ検査を受けていただけます。

特徴11 後楽園駅直結で通院しやすい立地

後楽園駅当院は南北線後楽園駅直結、丸ノ内線後楽園駅・春日駅からは徒歩1分、文京シビックセンター目の前の、通院に大変便利な立地です。駅へのアクセスが良いので、鎮静剤を使用した場合でも公共交通機関で安心してご帰宅いただけます。
駅へのアクセスが良いので、公共交通機関で安心してご帰宅いただけます。

アクセスはこちら

特徴12 内視鏡事前診察はWEB予約できます

WEB予約大腸カメラ検査をご希望の場合は、まず当院の外来を受診してください。当院では、24時間WEBから外来をご予約いただけます。

WEB予約はこちら

大腸カメラ検査を受けるタイミング

大腸がんは60代で発症する方が増加します。大腸がんは突然発生することはなく、大腸ポリープが年単位の時間をかけてゆっくりと成長して大腸がんになります。大腸がん予防のためには、大腸ポリープの発生が多くなる40歳を過ぎたら定期的に大腸カメラ検査を受けましょう。親族に大腸がんや大腸ポリープを発症した方がいる方は、大腸がん・大腸ポリープの発症リスクが高いため、40歳より前から定期的な大腸カメラ検査をおすすめしています。
健康診断で行う便潜血検査は、便に含まれる出血を確認するための検査ですが、初期の大腸がんを見つけ出すのは難しく、出血がない場合は進行した大腸がんも見つけられないことがあります。一方、大腸カメラ検査は初期の大腸がんや大腸がんの前段階である大腸ポリープの発見もでき、確定診断をすることができます。大腸ポリープを発見した場合、その場で切除が可能ですので大腸がんの発症を予防することができます。

特に早い大腸カメラ検査をお勧めしたい方

  • 便潜血検査で陽性になった
  • 便に血液が混じっている
  • 大腸ポリープを指摘されたことがある
  • 細い便が出る
  • 以前に比べ便秘や下痢が起きやすくなった
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • お腹の痛みがある
  • 血液検査で貧血と言われた
  • 大腸カメラを受けたことのない40歳以上の方

大腸カメラ検査で分かる疾患

大腸カメラ検査では、腸内の粘膜を直接観察できるので、微細な病変も発見でき、確定診断まで行うことが可能です。大腸がんは初期の自覚症状がほとんどないため、定期的な大腸カメラ検査を受け、大腸ポリープを発見して切除することが大腸がんの予防のためには何より重要です。生活習慣病やメタボリックシンドロームを発症する方が増える40歳以上になると、大腸ポリープも発生する可能性が高くなり、50歳以上になると大腸がんを発症するリスクがさらに高くなります。40歳を超えたら大腸カメラ検査を受診し、腸内の状態を把握することが大切です。
家族や親戚に大腸ポリープが発見された、また大腸がんを発症した方がいる場合は、大腸がんや大腸ポリープのリスクが高いことが知られています。40歳になるのを待たずに定期的な大腸カメラ検査を受けましょう。

検査で見つかる主な疾患

大腸カメラ検査の流れ

Step1 事前受診

大腸カメラ検査をご希望の場合は、まずは外来診察にお越しください。
消化器内視鏡専門医の女性院長が、お困りの症状などについて丁寧な診察を行っております。基礎疾患や内服薬、鎮静剤のご希望の有無についても確認させて頂き、検査の日時を決定します。検査前の注意事項などもご説明します。

Step2 検査前日

検査の前日(朝・昼・晩)は、消化しやすい食材をお召し上がりください。自費になりますが検査食もご用意しておりますのでご相談ください。飲酒は控えて頂き、就寝前に下剤を1本服用してから就寝してください。

Step3 検査当日(ご来院まで)

検査当日は朝食をとらないでください。常用薬は、ご予約の際に指定された薬のみを起床時に内服してください。ご自宅で下剤を内服される方は、指定された時間から内服を開始してください。鎮静剤をご希望の方は公共交通機関でご来院ください。鎮静剤を使用した場合、検査後は翌朝まで車・バイク・自転車の運転はできません。

検査当日の持ち物

  • 検査費用
  • 保険証

院内で下剤を服用する方は、院内の滞在時間が4時間以上となります。パソコンや本などのご持参をおすすめします。
※院内の無料Wi-Fiのご利用が可能です。

Step4 来院後

検査開始の30分前までにご来院ください。鍵付きのロッカーがありますので、検査着に着替えて頂きます。鎮静剤をご希望の方は静脈注射を行い、検査を開始します。検査中にポリープを発見した場合、切除可能でしたらその場で切除手術を行います。検査にかかる時間は約20分間です。

Step5 検査後

鎮静剤を使用した場合、リカバリールームで30分~1時間程度お休みいただきます。その後診察室にて、画像をご覧頂きながら結果説明をいたします。また、検査後の注意点についてもご説明します。ポリープ切除や生検など、組織を採取した方は検査結果が出るまで約2週間かかりますので、再度ご来院頂き、結果を説明いたします。

検査費用

検査内容 1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 2,500円程度 7,500円程度
大腸カメラ+病理組織検査 3,000円〜5,000円程度 9,000円〜15,000円程度
大腸内視鏡ポリープ切除 7,000円〜15,000円程度 21,000円〜40,000円程度