TOPへ

消化器内科

消化器内科について

消化器内科について

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)と消化を助ける臓器(膵臓、肝臓、胆のうなど)の消化器全体の症状に対応しているのが消化器内科です。吐き気や嘔吐、飲み込みづらさ、腹部の違和感・痛み、血便、下痢、便秘など、消化器が原因で引き起こされる症状は様々ですので、適切な診断を受けるためには消化器内科への受診が必要です。気になる症状がある場合は、一度受診して、検査・治療を受けることが重要です。当院では、消化器病専門医・消化器内視鏡専門医の院長が丁寧な診療を行っております。お気軽にご来院ください。

このような症状はありませんか?

また、健康診断や人間ドックで異常を指摘された場合の精密検査にも対応しています。

このような方には内視鏡検査がおすすめです

胃カメラ検査

  • 健康診断で「ピロリ菌陽性」と診断された
  • バリウム検査で異常を指摘された
  • ピロリ菌の除菌治療を受けたことがある
  • 胃痛・みぞおちの痛み
  • 胃もたれ
  • 食欲低下
  • 胸やけ
  • 食べ物がつかえる
  • げっぷが多い
  • おなかが張る
  • 黒い便が出た
  • 体重が減った
  • 貧血がある

胃カメラ検査はこちら

大腸カメラ検査

  • 健診で便潜血陽性と診断された

  • 慢性的な腹痛・下腹部の違和感がある

  • お腹の張りを感じる

  • 急に体重が減って痩せた

  • 血便が出た

  • 下痢や便秘が続く

  • 便が細くなった

大腸カメラ検査はこちら

以下に当てはまる方は症状がなくても内視鏡検査をおすすめします※

  • 40歳以上の方
  • 今までピロリ菌検査を受けたことがない
  •  家族や親戚に「胃がん」「大腸がん」「大腸ポリープ」を発症した人がいる
  • 日常的に飲酒や喫煙をしている

胃がん・食道がん・大腸がんなどの消化器がんは、初期には自覚症状が現れません。そのため、症状がなくても定期的な内視鏡検査を受けることで、症状を伴わない初期のがんでも発見が可能で、早期に治療を開始すれば完治する見込みが高くなります。
※症状がない、検査異常がない場合には自費診療となります。

消化管ドックはこちら