TOPへ

吐き気・嘔吐

吐き気・嘔吐について

吐き気は胸やみぞおちの周辺がムカムカして嘔吐しそうな不快感のことで、消化器への刺激や、脳の嘔吐反射中枢への刺激によって生じ、食欲不振やめまいなどを伴うこともあります。嘔吐は胃が強く収縮して胃の内容物が口から排出されることで、有害なものを体外へ速やかに排出するための防御反応としての役割があります。
吐き気や嘔吐は疾患の症状として生じている可能性があり、速やかに適切な処置や治療が必要な場合もあります。また深刻な疾患が原因ではない場合でも、嘔吐で水分補給ができないと脱水症状を起こす可能性があります。お早めに医療機関を受診して下さい。

吐き気・嘔吐の原因

胃や腸などの消化器疾患だけでなく、耳や眼、脳などの疾患の症状として起こることがあります。他にも、薬の副作用、乗り物酔い、妊娠時のつわり、食べ過ぎや飲み過ぎ、歯磨き中などに起こる舌の根元への刺激、強い緊張などのストレスなど、様々な原因によって生じます。

吐き気・嘔吐の原因となる主な疾患

  • 胃腸炎
  • 逆流性食道炎
  • 機能性ディスペプシア
  • 便秘症
  • 虫垂炎
  • 高血糖
  • 急性心筋梗塞
  • めまい症(良性発作性頭位めまい症、メニエール病)
  • 脳腫瘍 など

胃腸炎

消化管にウイルスや細菌が感染して、下痢や嘔吐、発熱、倦怠感などの症状を起こします。胃腸炎には感染力が強い疾患もありますので、お早めに受診のうえ、適切な治療と有効な感染予防対策を行うことが重要です。通常、吐き気や嘔吐は1~2日でおさまります。嘔吐の回数が多いと脱水症状を起こす可能性があります。水分補給ができない場合には速やかに医療機関を受診して下さい。

逆流性食道炎

胃の内容物が食道に逆流し、胃酸や消化酵素などによって食道粘膜が障害され、炎症を起こす疾患です。加齢などによって逆流を防ぐ機能が低下して発症するケースが多かったのですが、現在は暴飲暴食や肥満など生活習慣によって発症するケースが増加傾向にあります。就寝時には横になりますので、逆流が起きやすく、就寝中や起床時に吐き気を感じることもあります。

逆流性食道炎はこちら

機能性ディスペプシア

消化管の機能不全や知覚過敏などによって胃もたれ、膨満感、吐き気、少量しか食べられなくなる早期満腹感などの慢性症状を起こす疾患です。検査をしても炎症などの異常がないので以前は診断が難しく、有効な治療を受けられなかったのですが、現在は消化器内科で診断と適切な治療が可能になっています。横になるとお腹が張って苦しくなり、吐き気などを強く感じることがあります。

機能性ディスペプシアはこちら

便秘症

便秘で吐き気や嘔吐を伴うことがあります。特に夜には横になることで胃など上部消化管への圧迫が強くなり、それによって吐き気を起こしやすくなります。便秘は数日排便がないという状態だけでなく、毎日排便があっても少量しか出ないなど、十分な量を快適に排便できない状態を幅広く含みます。便秘はいくつかのタイプに分けられ、効果的な治療法が異なります。お悩みの場合には、当院までお気軽にご相談下さい。

便秘はこちら

虫垂炎

盲腸と呼ばれることがありますが、実際には盲腸から下がっている細長い虫垂が炎症を起こしています。虫垂炎では、みぞおち周辺の不快感が最初に起こり、吐き気を伴うこともあります。炎症が進行すると右下腹部に強い痛みを起こします。炎症が軽度であれば抗生物質による治療で改善できますが、炎症が進行している場合には手術を検討します。

緊急性の高い吐き気・嘔吐

腸閉塞(イレウス)、胆のう炎、胆石症、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍などで吐き気や嘔吐が起こっている場合には、速やかに医療機関を受診する必要があります。また緑内障発作として生じる吐き気や嘔吐も適切な処置が遅れると失明の危険性があります。
また、嘔吐で十分な水分が補給できないと脱水症状を起こす危険性があります。嘔吐を繰り返して水分を補給できていない場合には、すぐに医療機関を受診して下さい。

吐き気・嘔吐で受診した場合の検査

問診・診察を行い、緊急性が高い場合には適切な処置を行い、消化器内科以外の検査や治療が必要な場合には、速やかに連携している医療機関をご紹介しています。
それ以外の方は、問診で丁寧にお話を伺って診察を行い、必要な検査を行います。食道・胃・十二指腸など上部消化管の疾患が疑われる場合には胃カメラ検査を行い、大腸の疾患が疑われる場合には大腸カメラ検査を行って、粘膜の状態を詳細に確認します。どちらの検査も組織の採取ができますので、病理検査を行って多くの疾患の確定診断が可能になります。
胃カメラ検査・大腸カメラ検査では観察できない肝臓や膵臓、胆のうなどの疾患が疑われる場合には腹部超音波(エコー)検査を行います。
当院はFUJIFILM社製の最新式内視鏡システム「ELUXEO8000」を文京区内最速で導入し、内視鏡検査・治療の経験豊富な女性の専門医が、患者様一人一人のご不安な気持ちに配慮しながら、安全を第一に考えた負担の少ない内視鏡検査を行っています。ご希望に応じて鎮静剤を使用して眠ったような状態での検査も可能です。内視鏡検査のことなら、当院で何でもご相談ください。

吐き気・嘔吐の治療

問診内容や検査結果を踏まえて総合的に診断し、治療を行っています。原因疾患がある場合には、疾患や状態などに合わせたきめ細かい治療を行います。消化器疾患以外の原因によって生じている場合には、連携している専門の医療機関をご紹介しています。