TOPへ

便潜血陽性

便潜血陽性とは

便潜血
健康診断などで採取した便に血液が混ざっていると判断されると、便潜血陽性になります。便が大腸内を通過した時に、大腸がんや大腸ポリープなどの出血しやすい病変と接触することで、便に血液が混ざることがあります。便潜血陽性の方の約30%にポリープがあり、3%に大腸がんがあると言われています。便潜血陽性の診断を受けた場合は、大腸カメラ検査を受ける必要があります。「痔のせいだろう」「生理中だったから」と自己判断をして大腸カメラ検査を受けず、完治できる大腸がんや大腸ポリープの治療が遅れてしまう方がいらっしゃいます。当院では消化器専門医の女性医師が、患者様のご不安な気持ちに親身に寄り添う診療を行っております。便潜血陽性と診断された方は、まず当院でご相談ください。

便潜血陽性の場合に考えられる疾患

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 痔疾患  など

便潜血検査で陽性となった場合

便潜血陽性と診断されたら、大腸カメラ検査を受けましょう。大腸カメラ検査は、微細な早期がんでも発見可能であり、将来がん化する可能性のある大腸ポリープはその場で切除する日帰り手術を行って、大腸がん予防をすることができる唯一の検査です。

大腸ポリープはこちら

痛みのない、楽に受けられる大腸カメラ検査

大腸カメラ検査は早期発見と確定診断、予防が可能な唯一の検査当院はFUJIFILM社製の最新の内視鏡システムを導入し、内視鏡検査・治療の経験豊富な女性の専門医が、患者様一人一人のご不安な気持ちに配慮しながら、安全を第一に考えた負担の少ない大腸カメラ検査を行っています。ご希望に応じて鎮静剤を使用して眠ったような状態での検査や、従来よりも少ない量の下剤でできる前処置もご提案可能です。大腸カメラ検査のことなら、当院で何でもご相談ください。

大腸カメラ検査はこちら

便潜血検査陰性の方へ

大腸ポリープや大腸がんがある場合でも、出血がなければ便潜血検査では陰性になります。実際、大腸がんのある方が便潜血検査を受けても、陽性にならないケースが多いとも言われています。便潜血検査で陰性であっても、大腸ポリープ発症率が上昇する40歳を超えたら、定期的に大腸カメラ検査を受けることで、大腸がんの早期発見や予防が可能になります。